荒川区の美容室ブログです☆
美容室好きな人集まれ??!!<着付け・エクステ・ドレッド・縮毛矯正・ストレート・カラー・パーマ・カット・アップ・シャンプー・トリートメント>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
証人尋問
合成麻薬MDMAを一緒に飲んで容体が急変した飲食店従業員、田中香織さん=当時(30)=を放置し死亡させたとして、保護責任者遺棄致死など4つの罪に問われた元俳優、押尾学被告(32)の裁判員裁判の第3回公判が7日、東京地裁(山口裕之裁判長)で始まった

 今回は、最も重要な事件の鍵を握る人物、押尾被告にMDMAを渡した友人の泉田勇介受刑者(32)ら2人の証人尋問が行われる予定だ

 泉田受刑者は、事件2日前の昨年7月31日、押尾被告にMDMA約10錠を渡したとして、麻薬取締法違反(譲渡)罪で懲役1年の実刑判決が確定。押尾被告は初公判で、「譲り受けたのは錠剤ではなく、小さな袋に入った粉末」と主張しており、泉田受刑者は押尾被告にMDMAを渡した状況について証言する見通し。裁判員6人は今回の証言をどう判断するのだろうか

 押尾被告は「MDMAは田中さんが持ってきたもの」として、田中さんへのMDMA譲渡については無罪を主張しているが、今年3月に東京地裁で言い渡された泉田受刑者の判決は「押尾被告が渡したMDMAを使用し、田中さんが死亡した」と指摘。それだけに、泉田受刑者の証言が押尾被告の今後の裁判の流れを大きく左右する可能性が高い。


証人尋問によって
押尾は
どんどん
不利に
なっていく・・・

というより
どんどん
嘘が
暴かれていく感じ・・・

悪あがきは
良くないよ!

スポンサーサイト
Copyright © 2005 荒川区の美容室ブログです☆. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。