FC2ブログ
荒川区の美容室ブログです☆
美容室好きな人集まれ??!!<着付け・エクステ・ドレッド・縮毛矯正・ストレート・カラー・パーマ・カット・アップ・シャンプー・トリートメント>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事故ったかな
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
美容室の検索なら
プークドットコム『www.po-oq.com』で!!
http://www.po-oq.com/
いますぐアクセス!!!!!!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


交通事故で2人が相次いで死亡した大阪府豊中市北桜塚の府道交差点に、遺族や住民らの願いで信号機が設置された。事故が多く、かねて地元から危険と言われながら対策が後手に回っていた交差点だけに、異例の速さでの設置にも、最愛の人を失った遺族の悲しみは今も消えることはない。遺族の一人は「こんな苦しい思いをする人が減るよう、これからも訴えを続けたい」と話している。

 犠牲になったのは、近くの主婦、上出勝子さん=当時(64)=と、市立桜塚小に通っていた山田健太君=同(10)。

 上出さんは平成19年12月25日午前6時半ごろ、入院している息子に着替えを届けるため、近くの市立病院に自転車で向かっていたところ、乗用車にはねられた。44年間一緒に和菓子店を営んできた夫の忠夫さん(76)は「毎日笑顔で接客や家事をこなし、お客さんにも慕われていた」と無念の思いを語る。



 健太君が事故に遭ったのは、その約2カ月後の20年2月29日午後4時55分ごろ。自転車で横断歩道を渡っていたところワゴン車にはねられた。両親によると、健太君は野球選手になりたいという夢に向かって双子の弟と懸命に練習に励んでいた。両親は健太君を突然奪われたショックで眠れない日が続き、仕事もできなくなり、生活は一変した。

 付近の住民によると、事故の起きた交差点は車が渋滞して見通しが悪く、過去にも事故が相次いでいた。隣接する国道176号の交差点が歩車分離方式で信号の変わる間隔が長いため、ドライバーがイライラしてスピードを出しがちなことがこれに拍車をかけていた。しかし2人の事故後も具体的な対策は取られず、豊中署は「対策の実施に向けた手続きをしているところだった」と説明する。


うへー
よくわからんけど
うへー
読めない><
スポンサーサイト
Copyright © 2005 荒川区の美容室ブログです☆. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。